ブログ

2023-11-20
冬の安全対策

冬季には凍結によるスリップや転倒、視界不良による事故、除雪作業中の事故、屋内での一酸化炭素中毒など、様々な事故の発生が懸念されます。冬季災害の発生を抑制するためには、通常時に加えての安全対策が必要です。

転倒災害防止対策
・凍結しやすい場所や滑りやすい場所を確認、周知
・保温性が高く滑りにくい靴を着用
・凍結防止対策(融雪剤や砂を散布、階段などに滑り止めを設置)
・服やズボンに手を入れたままや、両手に物をもって歩行せず、小さな歩幅で歩く

交通労働災害防止対策

・運転スピードや車間距離に注意し、時間に余裕を持って行動する
・自動車等は点検し、冬用タイヤを使用
・安全運転教育の実施

墜落・転落等災害防止対策
・除雪作業を高所/屋根で行う際、墜落防止器具を着用
・監督者を配置し、作業は上から下に行い、上下で同時作業は行わない
・足場等は使用前に点検、除雪

重機による労働災害防止対策
・作業開始前に付着した氷塊を除去
・使用前点検を行い、フロントガラスやリヤガラスの熱線に異常がないか確認
・危険個所には立ち入らない
・誘導者は運転者から容易に判別可能にする(色彩手旗、蛍光ベスト、ビームライト)
・路肩等は位置を明確にする(ポールや標識を設置)
・雪崩発生歴や危険性がある場所は対策、修理
・降雪量が多く雪崩の危険性がある際は作業を中止

一酸化炭素中毒防止対策

・作業手順や換気方法等を作成、周知
・安全衛生教育の徹底
・室内等、自然換気が不十分な場所では内燃機関を有する機械は使用しない
・換気を充分に行い、ガス燃料機器や燃焼式暖房機器の使用は要注意

危険が伴う作業や場所は、冬場にはより一層の注意が必要です。安全衛生管理の徹底、作業前後と作業中の安全対策重要事項の確認と周知、共有により安全対策への意識を高めて労働災害の発生を防ぐことが重要です。




宮澤工務店は認定ハラスメント相談員がいる会社です

  • 宮澤工務店はハラスメントやメンタルヘルスに対応。【ハラスメント相談員Ⅱ種】の資格を持ったスタッフが常駐、相談窓口も設置されています。

宮澤工務店は「まえばしウェルネル企業」に登録されました

  • 宮澤工務店は「まえばしウェルネル企業」に登録されました。